海の力で髪の毛を強くし、守る!もみ海苔のスープを今すぐ取り入れよう

日本人の食卓と密接に関係を持つ海苔ですが。今回は髪の毛に非常に効果的なもみ海苔のスープについて紹介します。もみ海苔スープは手軽に作ることができ、海苔を大量に摂取することができるので、髪の毛が育ちやすい頭皮環境を作ることに繋がります。自宅でできる栄養素の補給方法として実に優れたものであるため、海苔には大きく注目が集まっています。

海苔の栄養価

海苔は栄養価が高く、体に良い成分が豊富に含まれていますが、その中で最も特筆すべきはカロチンです。カロチンはベータカロチンなどが有名で、ニンジンなどにもよく含まれております。これこれらのカロチンは、活性酵素の働きを抑制する効果を持っております。活性酵素は、本来体を異物から守るための酵素ですが、これらが強く働きすぎると、老化の原因となってしまうのです。また活性酵素が強く働くと、薄毛・抜け毛の原因となるともいわれています。つまり、いかに活性酵素の働きを弱めるかといったことが、薄毛・抜け毛を慶全するためには重要なのです。

活性酵素の働きを弱める抗酸化作用

そのため、巷では活性酵素の働きを抑制する抗酸化作用を持つ食材が大きな注目を集めています。海苔もその一つです。 海苔にはカロチンのかにも豊富なタンパク質が含まれています。髪の毛はそもそもタンパク質から作られるものなので、私たちが日々の食事でタンパク質の摂取を怠ると、髪の毛が作られること自体がなくなってしまいます。このように海苔はカロチンとたんぱく質を豊富に含んでおり、抜け毛と薄毛を予防し、髪の毛が育ちやすい頭皮環境を作ることが期待されます。

一日に海苔をどの程度摂取すべきかについて明確な基準は存在しません。しかしながら、含まれているカロチンの量からすると、1日2枚から3枚を食べることが望ましいとされています。このようなときにオススメなのがもみ海苔のスープです。私たちの中には毎日お味噌汁を飲んでいる人も多いでしょう。これをもみ海苔のスープにするだけで、飽きることなく海苔を毎日摂取することができます。 もみのりのスープの作り方は以下の通りです。

もみ海苔スープの作り方

  1. 市販のもみ海苔を用意する
  2. スープの味は塩、しょうゆ、鶏ガラ何でもよい
  3. 野菜をたっぷりと入れてスープを作る
  4. スープにひとつかみのもみ海苔を入れる

いかがでしょうか?もみ海苔のスープは大変に簡単に作ることができます。またスープに加えるとよい野菜としては、ニンジン、キャベツ、大根、ホウレンソウなどが挙げられます。いずれも髪の毛に仏幼な栄養素を含んでいます。またわかめもぜひとも加えてほしいですね。もみ海苔の海の味わいを活かすためには、スープ味付は薄めにしましょう。みそ汁にもみ海苔を加えても当然よいのですが、塩味のすっきりしたスープの方が飽きることなくもみ海苔を摂取することができます。

あなたも明日から毎日のスープにもみ海苔のスープを加えてみてください。きっと髪の毛にツヤが出て、頭皮環境も良くなるでしょう。

おすすめのAGAクリニック

No.1 銀クリ

新橋徒歩1分のAGA専門クリニック。1院での患者数は現在国内ナンバー1です。そのため九州や北海道など遠方からも来院する方が後を絶ちません。正直ここのパフォーマンスはお世辞抜きで圧巻です。 詳しい治療の流れ料金表

No.2 湘南美容外科クリニック

1年間で来院した患者数は、なんと100万7872人にものぼり、リピーター率も90%以上と高く、それに由来して症例件数が多いことが大きな強みです。また最大の強みは高品質の薄毛医療を低価格で提供していることで、初月税込1800円は恐るべき安さ 詳しく見る

関連記事

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です