ノンカフェインだけがとりえではない!ルイボスティーと毛母細胞について

ルイボスティーは、カフェインを含まないお茶として妊婦が愛用しているものです。このルイボスティーは、ドリンクとして使うだけでなく様々な育毛に対する良い作用を持っているんです。今回はアフリカ原産のお茶であるルイボスティーと育毛の関係について紹介します。

ルイボスティーとは

ルイボスティーはカフェインのお茶として注目を集めており、カフェインを摂取したくない人や、妊婦によく好まれて飲まれています。昨今はドラックストアや紅茶ショップなどにも積極的にルイボスティーを使ってきているお店が増えてきたように思います。そのため、非常に手に入れやすくなっております。

ルイボスティーには独特の風味があり、初めて飲んだときは驚くかもしれませんが慣れると非常に美味しいお茶です。さわやかな口当たりで、すっきりと飲むことができるため、どのようなシーンでも活躍する素晴らしい飲料なのです。カフェインを含まないことから刺激が弱く、利尿作用もありません。そのため、ルイボスティーは多くの人に愛されています。

ルイボスティーの抗酸化作用

このようなルイボスティーには実は非常に強い抗酸化作用があります。抗酸化作用とは、体の老化を抑える働きを持つ作用のことを指します。わたしたちのの体は加齢と共に様々な変化が起こります。肌は張りをしない、筋力が落ち、そして髪の毛がどんどん抜けていきます。こういった作用は老化によって起こるものなので一面においてはでは仕方のないものです。

しかしながら、抗酸化作用をもつ食品を積極的に摂取することで、老化を遅らせることができるんです。このような時に積極的に取り入れて欲しいのかルイボスティーです。ルイボスティーの持つ抗酸化作用は、非常に優れているのです。

ルイボスティーには様々な抗酸化作用をもつ物質が含まれています。それは植物全般に含まれているものから、ルイボスティー特有のものまで多種多様なものが存在します。さらにミネラルも豊富です。私たちの体はミネラルが不足しがちです。そのため、ルイボスティーを利用してミネラルを摂取し、体の栄養バランスを整えることはでも毛細胞の活性化につながり、育毛につながるというわけです。

ルイボスティーの育毛水は以下もので簡単に作ることができます。

  • 100mlのルイボスティー
  • 45mlのミネラルウォーター
  • 5mlのグリセリン

これらを混ぜ合わせて冷暗所に置いておくだけでルイボスティーの育毛水が完成します。養毛剤は、頭を清潔にした後に、気になる箇所にスプレーをして、マッサージをしてあげてください。そうするとルイボスティーの有効成分が頭皮に染み込み、毛母細胞の活性化が期待できます。

頭皮と口からルイボスティーを

このようにルイボスティーは口から飲んで体に良いだけでなく、頭皮に直接しみこませて使うこともできます。普段はルイボスティーを飲まないという人もこれを機にルイボスティーを試してみてください。普段飲みのドリンクとしても非常に
優秀なものです。

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です