ストレスこそが育毛の大敵!円形脱毛症と壮年性脱毛症

脱毛症には円形脱毛症と壮年性脱毛症の2つの種類があります。これらはともに髪の毛が抜ける点は共通していますが、症状の現れ方は全く違ってきます。しかしこういった脱毛症には血行やストレスといったものが非常に大きく関係しております。今回は、2つの脱毛症とそれらの原因となる血行不良とストレスについて紹介したいと思います。

円形脱毛症と壮年生脱毛症

円形脱毛症と壮年性脱毛症はともに代表的な脱毛症です。しかしながら、円形脱毛症はその名の通り丸い形で頭部の1分の髪の毛が抜けることを指します。一方で壮年性脱毛症とは、ある程度若いうちに髪の毛が抜けていく状態を指します。円形脱毛症と違って、壮年性脱毛症は特に円金に髪の毛が抜けるわけではありません。

前髪から後退していく人もいれば頭頂部から薄くなってくる人もいます。この両者は共に脱毛症の代表的なものですが原因にはストレスと血行不良が非常に大きく関係しております。

脱毛症の二大原因

2つの脱毛症の原因となるのは主に血行不良とストレスと言われております。以下ではそれぞれについてなぜ脱毛症の原因なのかを述べたいと思います。

ストレス

ストレスは自律神経の働きを悪くし、その結果、体中の血液の巡りも悪くなり、例えば必要な栄養素が頭皮に十分に届かないといった症状を起こします。また、毛母細胞などの働きを低下させるため、新しい毛が育ちにくくなってしまうんです。このような原因からストレスは脱毛症の大きな理由となります。

また実際に脱毛症に悩んでる人は、日頃の生活の中で過度のストレスを抱えることも多くなっています。例えば残業続きであって家には寝に帰るだけで、休日出勤なども多いような場合は仕事のストレスがそのまま脱毛症となって体に現れます。またそれ以外にも人間関係のストレスや、過去のトラウマに起因するストレスなども脱毛症の原因となります。

血行不良

血行不良はありとあらゆる脱毛症の原因となっています。頭皮は頻繁に揉み解したりないとどんどん凝り固まっていきます。その後、頭皮の血行の巡りが悪くなってしまい、必要な栄養素が十分に頭皮に届かず、毛母細胞の動きも弱まっていきます。頭皮が凝り固まってしまうのは加齢によるものなので仕方ない部分もありますが、日々のマッサージで大きく改善することができます。たとえそれほど大きなストレスを抱えてなくとも加齢によって頭皮がどんどん凝り固まっていくことは、そのまま脱毛の原因となるのです。

ストレスと血行不良を回避するために

ストレスと血行不良については日々の生活の中で心がけて回避していくことが可能です。毎日残業続きで休日出勤までしなければならないほど仕事がきつい場合は、そもそも職場から変える必要もありますが、それ以外のストレスなどは日々の生活の工夫でしっかりと経験していくことができます。

ストレスの解消に非常に大きな効果を持つのが睡眠です。睡眠時間は1日7時間半から9時間程度確保するように心がけてください。これだけでストレスが大きく軽減されます。またついつい夜更かしをしてしまうという方も多いと思いますが寝る時間も12時前にすることがお勧めです。そうすることで成長ホルモンを十分に分泌され、それが新しい髪の毛を生やすことにもつながるためです。

また、過食や脂っこい食事は、食べている瞬間こそ幸福感を感じることもできますが、それが蓄積していて生活習慣病や肥満となると、かえってストレスの原因となります。食事は栄養素に偏りのないバランスの良いものを食べるようにし、肉よりは魚や大豆などからタンパク質を摂ってください。さらに頭皮の血行を良くするために指の腹を使って頭皮をマッサージする習慣をつけましょう。お風呂上がりに5分程度するだけでも頭皮は非常にほぐれるはずです。こういった日々の積み重ねが、ストレスを軽減し時の結構良好に保つことにつながります。

AGA薄毛治療病院料金の一覧はこちらにのっていますので是非ご参考に。

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です