シャンプーを変えて頭皮を変える!漢方シャンプーのすすめ

髪の毛を健康に保つためには適切な方法で行われるシャンプーが欠かせません。シャンプーは毎日行うものであるため、間違った方法で繰り返してると、どんどん頭皮にダメージが蓄積されてしまうのです。今回は、正しいシャンプーの方法、頭皮の環境を改善すると漢方シャンプーについて紹介します。

シャンプーの選び方

はじめにシャンプーの選びかたですが、シャンプーは弱酸性のもの選ぶのがお勧めです。また髪の毛をツルツルするために含まれてるオイルについては植物性オイルを含んだものを選びましょう。合成着色料や香料は頭皮の上にも決して良くありません。その中で、抜け毛等に対する効果を期待するのであれば、黄檗やカミツレなどの漢方成分を含むシャンプーがおすすめです。

これらこそが漢方シャンプーと呼ばれるもので、頭皮の炎症を鎮める作用を持っています。特に頭皮が普段から赤くかぶれているような人は、医師と相談のうえ、漢方シャンプーを取り入れるとよいでしょう。頭皮環境の悪化は薄毛・抜け毛の原因となります。市販されている通常のシャンプーは洗浄力が強く、頭皮への刺激が強いものが多いため、シャンプーを変えるだけで頭皮環境が改善する例は珍しくありません。

シャンプーの使い方

またシャンプーは、髪の毛を濡らした後、直接髪の毛につけるのを避けてください。まずはシャンプーを手にとって、手の中で十分に慌ててから髪の毛に付けることを心がけましょう。そうすることで、シャンプーが毛穴に詰まってしまい、髪の毛の成長を阻害するといった弊害を起こすことを防ぐことができます。

また汚れを落とす目的でシャンプーをするとついつい頭皮をゴシゴシこすってしまうことがあります。しかしながら、頭皮を強くこすると、頭皮に傷ができたり炎症が起こったりします。そのため頭皮を洗う場合は指の腹を使って消して爪を立てないようにして頭皮を優しくこすってあげてください。頭皮の汚れをこすり落としてよりはマッサージする感覚でシャンプーするとよいでしょう。

漢方シャンプーのすすめ

漢方シャンプーは頭皮の炎症を鎮める効果を持っています。そのため、シャンプーにより頭皮の炎症が悪化ることを防ぎ、髪の毛が自然に作られる作用を促すのです。頭皮が赤くなっていて、抜け毛が多くなってる場合は、頭皮に炎症が起きていることが懸念されます。その際は皮膚科を受診し、医師に相談した上で漢方シャンプーを使ってみましょう。特に普段の洗髪で頭皮に痛みを感じている場合は、すぐさま今使っているシャンプーの使用を停止してください。

肌の弱い人は通常のシャンプーであっても頭皮がかぶれる恐れが十分にあります。そういう方は何よりも頭皮に負担をかけない洗髪を心がける必要があります。頭皮を綺麗にするためのシャンプーが頭皮の状態を悪化させているのでは本末転倒もよいところです。

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です